優良競馬予想会社の評判

詐欺?優良?競馬予想サイトを検証

競馬予想・投資競馬

馬券革命MAX(BKMAX) 評判&評価、口コミ情報

馬券革命MAX(BKMAX)の評判&評価、口コミ情報をチェック

【馬券革命MAX(BKMAX)の掲載内容】

TB理論絶好調!高額的中は馬券革命MAXにおまかせ!
新世紀タイム理論の誕生(TB理論とは)
■タイム理論の死角が消えた!スピード能力を二つの新数値に集約!
旧「馬券革命」の根幹をなすタイムアドバンテージ(TA)理論の革新性は、タイム理論に「相対評価」という概念を持ち込んだことと、タイム理論のアキレス腱である「ペース」を克服したことに集約されます。最重要数値である相対値と解析値は、スピード指数とペース指数をいわば融合したものでした。
しかしこの二つの数値も完全ではありません。
タイム理論の死角が消えた!
スピード能力を二つの新数値に集約!
◆タイムアドバンテージ理論からタイムバイアス理論へ
旧「馬券革命」の根幹をなすタイムアドバンテージ(TA)理論の革新性は、タイム理論に「相対評価」という概念を持ち込んだことと、タイム理論のアキレス腱である「ペース」を克服したことに集約されます。最重要数値である相対値と解析値は、スピード指数とペース指数をいわば融合したものでした。
相対値→スピード指数とペース指数を基に、過去の実績や当該レースの適性を相対的にポイント化したもの
解析値→近3走のスピード指数とペース指数の相対的な推移を、729のパターンごとにポイント化したもの
しかし、この二つの数値も完全ではありません。スピード指数とペース指数のもつ意味合いが、コースやクラスによって微妙に異なるからです。「トータルの速力=スピード指数」さえ高ければ「上がりの決め手=ペース指数」の優劣に関係なく好走できるレースもあれば、トータルの走破タイムはさておき、速い上がりを繰り出せるかどうかが鍵となるレースもある。
つまりコースやクラスによって、指数の有効性に「バイアス=偏り」が存在するわけです。
こうしたバイアスをあぶりだすことで、TA理論はさらなる進化を果たし、タイムバイアス(TB)理論へと生まれ変わりました。
◆スピード能力をSA値とPA値に集約
「馬券革命MAX」を支えるこのTB理論の中核と言うべき数値が、SA(Speed Advantage)値と、PA(Pace Advantage)値です。
TA理論の相対値と解析値はスピード指数とペース指数を融合したものですが、SA値はスピード指数の相対値と解析値を融合、PA値はペース指数の相対値と解析値を融合して作り出されました。
同時に、相対値と解析値の算出方法も、より高配当を拾えるよう大幅に改良されています。
スピード指数に基づく新相対値+スピード指数に基づく新解析値→SA値
ペース指数に基づく新相対値+ペース指数に基づく新解析値→PA値
これによって、当該レースにおける各馬の相対的なスピード能力は、「トータルの速力」と「上がりの決め手」の二つに分けて明示されることになり、より実戦的な予想が可能となりました。
展開やコース実績を加味すれば、その奥行きはさらに広がるでしょう。
もちろん、当該レースを勝つために必要な指数の目安となる WINNING INDEX も、コースの概念を導入してバージョンアップ。
バイアスへの対応は抜かりなく行えます。
■回収率の概念を取り入れた新数値登場!
タイム理論が競馬予想界に新風を吹き込んだのは、90年代初頭。乾いた草原に放たれた野火のごとく、たちまちのうちに一世を風靡し、科学的予想法の代名詞とも言える不動のポジションを確立しました。
しかし、その理論があまねく知れわたり、多くの人が「スピード指数」というファクターを予想に取り入れるようになったことで、思わぬ弊害も生まれてきました。(▼もっと読む…)
儲かる馬はこれだ!
回収率の概念を取り入れた新数値登場!
◆タイム理論=妙味薄?
タイム理論が競馬予想界に新風を吹き込んだのは、90年代初頭。
乾いた草原に放たれた野火のごとく、たちまちのうちに一世を風靡し、科学的予想法の代名詞とも言える不動のポジションを確立しました。
しかし、その理論があまねく知れわたり、多くの人が「スピード指数」というファクターを予想に取り入れるようになったことで、思わぬ弊害も生まれてきました。
それは、「隠れた穴馬が隠れなくなってきた」ということ。つまり、タイム理論で発掘できる穴馬が、以前ほどマイナーな存在ではなくなっているのです。
そのため、単にスピード指数をズラッと羅列するだけのタイム理論は、保守化の一途をたどり、以前ほどの支持を得られていないのが現状と言えるでしょう。
◆回収率を示す画期的数値
しかし、長年にわたって「より実戦的なタイム理論」を標榜してきた当会は、「スピード指数の羅列」だけで満足することは決してありません。
「指数の相対評価」「指数の有効性の偏り」といった概念をロジック化してタイム理論を独自に進化させ、保守化の波に抗し続けています。
さらに今回、他の多くのタイム理論が苦手とする「回収率」という概念も導入。儲かる馬をズバリ明示した、まったく新しい数値を開発しました。
それがWA(Winning Advantage)値。
「このパターンで指数が推移している馬の単勝は、どのくらい妙味があるか」を示すこの数値は、以下のようなロジックで導き出されます。
(1)「スピード指数の偏差値の近3走推移」を729パターンに分け、それぞれの単勝回収率を算出
(2)「ペース指数の偏差値の近3走推移」を729パターンに分け、それぞれの単勝回収率を算出
馬ごとに(1)と(2)を融合→WA値
配当妙味を検討する際に絶好の指標となることは間違いなし。単複派ならずとも、実戦でぜひご活用下さい。
■超進化!これが新指数表の全貌だ!
新理論にあわせて進化した新指数表の使い方を詳細に解説。
■コースとクラスの概念を導入し推奨買い目の算出法も一新!
理論の進化にあわせて、当然、買い目算出ロジックも進化しなければなりません。
その第一段階として「SA値全順位別3着内率」と「PA値全順位別3着内率」という基礎資料を作成しました。
コースとクラスの概念を導入し
推奨買い目の算出法も一新!
◆進化の第一段階:二つの基礎資料
理論が進化したら、当然、買い目算出ロジックも進化しなければなりません。その第一段階として作成したのが以下の二つの基礎資料。
○と●は、それぞれが「SA値全順位別3着内率」と「PA値全順位別3着内率」を表し、簡略化すれば例1と例2のようなデータから構成されています。
◆コースとクラスの概念を導入した、新しい買い目ロジックの構築
前記の二つの資料によって、指数の「バイアス」はハッキリと浮かび上がってきました。同じ芝2000mのレースでも競馬場によって、また、同じコースでもクラスによって、スピード指数をベースにしたSA値の有効性と、ペース指数をベースにしたPA値の有効性に違いがあることが、一目瞭然となったのです。
そこで、買い目ロジックのパターン分けは、「コース」と「クラス」の組み合わせによって行うこととし、「芝・ダート」「距離」「競馬場」「クラス」「頭数」の5つのファクターを駆使して、全レースを60パターンに分類。
そしてこの60のパターンごとに、的中率と回収率のバランスをとりながら、SA値順位とPA値順位の組み合わせで、新たな買い目ロジックを構築していきました。
もちろんこの買い目も、より当たる買い目へと進化し続けます。パターン化の方法もロジックも定期的に見直し、常にベストのものをご提供していきます。馬場改修やコースの新設に対して素早く対応することも、言うまでもありません。自分なりに指数表を使いこなしつつ、コンピューターが算出した買い目の威力をぜひお試し下さい。
■一目瞭然!TB理論実践活用術(毎週更新)
TB理論の開発者にして、馬券革命MAXの運営者でもあるCPネットワークのメンバーのひとり、黒澤健二(クロケン)が開発者ならではの独自の視点から指数表を読み解き、実践的な活用法を紹介します。実際に先週行われたレースの中から厳選し、悲喜こもごもの回顧をお届けします。

2015-01-19_22h30_47

馬券革命MAX(BKMAX)の詳細

【サイト名】
◇馬券革命MAX(BKMAX)
【URL】
◇http://bakaku-max.jp/
【馬券革命MAX(BKMAX) 運営情報】
◇会社名:エクステージ株式会社
◇運営責任者:高間淳雄
◇所在地:東京都渋谷区恵比寿1-20-18-8F
◇E-MAIL:support@bakaku-max.jp
◇TEL:
◇FAX:

詐欺?悪徳?優良?評判&評価、口コミ情報募集

馬券革命MAX(BKMAX)の情報を募集しています。
馬券革命MAX(BKMAX)について、情報をお持ちの方はこちらまで、コメントをお寄せください。
評判・口コミを集めて、詐欺?悪徳?優良?どの様な競馬サイトなのか見極めていきましょう。

PR競馬予想
URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top