優良競馬予想会社の評判

詐欺?優良?競馬予想サイトを検証

砂鬼(SUNA-ONI)

砂鬼(SUNA-ONI) 評判&評価、口コミ情報

砂鬼(SUNA-ONI)の評判&評価、口コミ情報をチェック

【砂鬼(SUNA-ONI)の掲載内容】

インターネット限定公開!!
メディアで活躍する常勝馬券師は教える
競馬で勝つ為の公式マニュアル
ダート競馬で荒稼ぎをする
利益追求型の馬券術
砂鬼
SUNA-ONI
稼ぎたいなら黙ってダートを買え!
中央競馬では芝レースが王道だと考えられており、G1レースもほとんどが芝で行われています。
人気を集める馬もほとんどが芝馬ですし、やはり芝のレースが中心であり目立っています。
しかし、”初心者”が競馬で稼ぎたいのであれば芝レースは一切捨てて、ダートレースに徹するべきです。
人気面では芝レースに劣りますが、利益を出すという意味ではダート競馬が圧倒的に優位です。その理由をご紹介していきたいと思います。
ダートで荒稼ぎ出来ている理由
理由1
そもそもダートの方が勝率が高い
芝コースは天候に関わらず馬場が傷んでいたりと馬場傾向が読みづらいためダートよりも難解な決着になりやすいです。
実際に単勝1番人気の勝率は芝レースが約30%であるのに対して、ダートレースでは約33%あります。たかが3%と思われるかも知れませんが年間ベースで考えると200レース程ダートの方が1番人気が勝っていることになります。
当然、1番人気を購入し続けるわけではありませんが、ダートの方が勝ち馬を予測しやすいと考えて頂ければと思います。
理由2
稼ぎやすいポイントが多い
前述したように中央競馬界は芝レースが中心です。
馬主もダートよりも芝レースを好む傾向にあり、適正的にダート馬であっても、まずは芝のレースを使わせることが多いです。
芝のレースで何度か負けた後、いよいよ馬主もあきらめてダートのレースに使ってきます。
本来はダート馬でも芝で何敗かしていると人気にはなりづらく、人気薄の初ダートで激走するということが度々あります。
このようにダート競馬には芝が注目されるからこそ荒稼ぎできる美味しいポイントがたくさん存在しています。
理由3
走る馬と走らない馬がわかりやすい
芝コースの場合、馬場の傷み具合や競馬場によってパワーが必要なコースとそうでないコースがわかれますが、ダートコースの場合はパワーが必ず必要です。
芝レースのタイムとダートレースのタイムを比較すれば後者の方が時間が掛かることからもわかるように、ダート競馬はスピードよりもパワーが重要です。
したがって、ダートで走る馬とはパワーがある馬、つまり馬体重が重い(筋肉量が多い)馬です。実際に馬体重が439kg以下の馬と480kg以上の馬では勝率2倍以上、回収率 30%以上も後者が高くなります。
以上のようにダートレースは競馬という意味では盛り上がりに欠けるのかも知れませんが、馬券としては非常に優位なレースなのです。
今回の馬券術「砂鬼」では、そのようなダートレースで利益を生み出せる馬を見つける方法を紹介しています。
ダートで荒稼ぎしている川田信一です。
こんにちは、砂鬼の作者である川田信一です。
おかげさまで書籍も数冊出版させて頂きメディアに出る機会も多くなりましたが、初めての方もいらっしゃると思うので自己紹介からさせて頂きます。
川田信一(かわだしんいち)
1978年、東京都出身。
趣味で始めたメルマガが、人気薄の単勝を的確に当てることで評判に。
わずか半年で、2000人を超える読者が口コミだけで集まる。
2012年に入ってからもグリグリの人気馬を迷わず消し、穴馬の単勝を的中し続けている生粋の単勝馬券師。
2011年
超人気薄の単勝が当たる9つの秘伝(東邦出版)
2012年
見るだけで「単勝」が当たる“単撃”リスト(東邦出版)
2014年
勝ち馬がはっきり見える!ザ“単撃”(東邦出版)
書籍でも出版されている「単撃」という単勝を的中させる理論を確立し常勝馬券師の仲間入りをさせて頂いている現在ですが、特にダートに関しては荒稼ぎ状態です。
もし、競馬初心者に競馬の勝ち方を聞かれたのであれば、迷わずにこう答えます。
「ダート競馬で勝負して下さい」
理由は前述した通り、ダート競馬は利益を出しやすい条件だからです。
結論から述べると、今回ご紹介する馬券術「砂鬼」では、単勝なら回収率135%、単複なら的中率40%・回収率120%という、まさに“砂の鬼”とも呼べる馬を導き出すことが可能です。
馬券術「砂鬼」に収録されていること
砂鬼は前述したStep1~5の買い目選出手順だけではなく、もっともっと大きな利益を出したいという欲張りな方のための応用編まで収録されています。
砂鬼は初心者の方にもわかりやすいように図や表を用いながら計151Pで構成されています。
なぜそうなるのかという理論の意味も説明されているので読むだけで馬券力がアップすることは間違いないですし、具体例も充実しており競馬初心者の方にも優しい作りになっています。
それではこのマニュアルを読むことであなたが身に付く技術の一部について紹介したいと思います。
①的中率40%・回収率120%の砂の鬼をたった2分で見抜く
前述したStep1~Step5の作業を用いて、たったの2分で的中率40%・回収率120%の馬を見抜く方法を身に着けることができます。
競馬初心者の方でも2回に1回近くの馬券を的中させながらもしっかりと利益を出してきた方法論を実践することが可能です。
②回収率293%の異次元に稼げる可能性のある馬がわかる
前述したStep1~Step5の作業を用いて導き出された馬をさらに細分化していくと回収率293%という破格な数値の馬を見つけ出すことが可能です。
この過程で選ばれた馬はダートが非常に高い馬で一撃で大きな利益を出すことが期待できます。
③勝率2%・回収率42%の絶対買ってはいけない馬を切り捨てる
勝率はたったの2%で回収率も42%という絶対に買ってはいけない馬を見つける方法をご紹介します。
これらに該当する馬は例え上位人気だとしてもバッサリと切り捨てても良い馬です。
そういった馬がたったの1分で見抜く手法を説明しています。
④長期スパンで購入すべき馬とそうでない馬がわかる
マニュアルに沿って馬券を買っていく作業を繰り返していくことで、体感的に購入して良い馬と購入してはいけない馬がわかるようになってきます。
単純に勝つ可能性が高い馬を選ぶのではなく、長期的に考えて馬券で勝つための馬とはどのような馬なのかがしっかりと理解できるようになります。
⑤自信を持って単勝馬券を購入することができる
あなたは今、単勝で買うべき馬とそうでない馬を明確に説明することができますか?
単勝馬券を今現在購入されている場合、「この馬は強いから勝つだろう」というような主観的で曖昧な方法で買っていないでしょうか。
砂鬼を読み終えると単勝で買ってよい馬がしっかりと根拠を持って判断できるようになります。
「砂鬼」は過去10年以上の膨大な統計的な根拠の元、しっかりと理にかなった馬券術になっており、大変奥が深いものです。
しかし、実践するにはたったの数分あれば買い目を導き出せるというハードルが低い初心者向けの馬券術になっています。
それでいて応用編も充実しており、玄人の方にもご満足頂けるような内容になっています。
買い目は前日に出すことが可能なので、前日のまとめ買いが可能です。
基本は単勝・複勝ですが、馬連~三連単まで馬券を構築する方法を紹介しております。
また、競馬新聞があればWINSや競馬場でも実践することが可能です。
締め切り間際にどの馬を買おうか迷いながら最後は直感で決めてしまうような人も多く見受けられますが、砂鬼を使うと迷うことなく買うべき馬が明確に決まり、迷うことなく自信を持ってマークシートを塗ることができるでしょう。

2015-04-02_23h57_40

砂鬼(SUNA-ONI)の詳細

【サイト名】
◇砂鬼(SUNA-ONI)
【URL】
◇http://it-agency.jp/pub/suna-oni/
【砂鬼(SUNA-ONI) 運営情報】
◇会社名:有限責任事業組合ITエージェンシー
◇運営責任者:川田信一
◇所在地:東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2F
◇E-MAIL:support@it-agency.jp
◇TEL:050-3638-7772
◇FAX:
◇酷似サイト:ConcordeHORSE(コンコルドホース)
◇酷似サイト:デッド・ワン・プログラム(DEAD1PROGRAM)
◇酷似サイト:プレミアムモンスター2公式サイト

詐欺?悪徳?優良?評判&評価、口コミ情報募集

砂鬼(SUNA-ONI)の情報を募集しています。
砂鬼(SUNA-ONI)について、情報をお持ちの方はこちらまで、コメントをお寄せください。
評判・口コミを集めて、詐欺?悪徳?優良?どの様な競馬サイトなのか見極めていきましょう。

PR競馬予想
URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top